日本100名山 一座 乗鞍岳 登山 #2 乗鞍山頂 剣ヶ峰 登頂
2017-08-30 Wed 00:00
前回のつづきです(^^)

ていじんさんと 二人 乗鞍ヒルクライムレース 恒例の 前日登山へと遣って来たッス!(^^)

今年は 桜餅さんも参加予定だったんッスけど~お仕事の都合で来られず・・・って事で今年も2人でトコトコと三本滝より≒3時間40分程掛けて 県境ゲートバス停まで登って来たッス(^^)

DSC063510003.jpg
DSC0640800601.jpg

去年は 雨の中半ばやけくそ気味に登った乗鞍だったんっスけど~今年はしっかりコースを見て歩き ここまではコースの下見的な要素が強い ハイキングと成りました~(^^)

201608301343307a8.jpg
DSC063730025.jpg

と・・・昨年は良くわからず淡々と登ってたんッスけど~今年は一度登ってる経験が有るのでコースも何となく覚えてて二人とも少し余裕で歩たッス!(^^)

ですが~・・・それもここまで!今年は コレ!乗鞍山頂~剣ヶ峰までの登山ルートを歩きます・・・これ~実は来れなく成った桜餅さんのたっての希望だったって言うねぇ~(^^;桜餅さんがいらっしゃらない今別に行かなくて良いのでは?

乗鞍登山

私が建てた登山計画(^^)

乗鞍登山計画書

登山ルートはこちら(^^)

乗鞍登山ルート3

登山工程(^^)

乗鞍登山工程1

標準コースタイム 175分 を35分短縮し 140 で走破するって計画を密かに立ててますがさて・・・

で~ていじんさんが出した結論は~とにかく 13:00まで登れる所まで登って戻ろう~って言う物!現在12:00 1時間行ける所まで行こう~って成りましたぁ~ そうと決まれば行きましょう(^^)

これを私の登山計画に乗っ取ると~ あの二つ目のピークに立てるかどうか?って所ッスかねぇ~?

DSC063960048.jpg

って事でまずは登山道を 県境ゲートバス停入口より 鶴ヶ池を右手に進みます にしても~良いお天気~最高の”登山日和”ッスねぇ~(≧▽≦) 

DSC064100062.jpg

歩こう~歩こう~♪的な(^^) でもってここからはもう サイクリストの聖地では無く アルピニストの領域・・・3000m級の山ッスからねぇ~景色も独特・・・この手の山だと・・・2年前の富士登山依頼ッスねぇ~ このコース 先の山小屋までは整備されててメッチャ歩き易いんッス~(^^) ランニングシューズでも余裕~♪ けど山小屋から先は・・・ガレ場に(^^;

DSC064120064.jpg

不消ヶ池が見えて来たッス!にしてもものスッゴク綺麗~(◎_◎;)

DSC064130065.jpg

で最初の通貨point 富士見岳分岐~ 時間が有れば富士見岳を登ってから 剣ヶ峰へ行くのも良いッスねぇ~ 因みに富士見岳の標高は 丁度100m程上がった2817m 標高稼ぎには持って来い(^^)

で~そこからの景色~ 私は敢えて ていじんさん越しに撮影~ 人が入ると 一層雰囲気が出ますよねぇ~ それにしても空が近いッスよねぇ~!雲の位置がさぁ~と先にブルーに彩られた 峰々 遠く 駒ヶ岳 へと連なってるって思うと・・・深いなぁ~!

DSC064150067.jpg
DSC064160068.jpg

さあ~先を急ぎましょう~剣ヶ峰 案内表示ッス~てっぺんッスよぉ~♪

DSC064170069.jpg

そして乗鞍はバスで畳平まで来れる為 割と誰でも登れる山って事で結構人気が有るので 土曜日って事も有るんでしょうけど登山客で賑わってます(^^) それでも富士山の様に 渋滞で動かないって程では無いッスけどねぇ~

DSC064190071.jpg

そうそう!今回登山してて改めて 知った ていじんさんの 隠れた能力~体内時計のまぁ~正確な事~(^^; 私腕時計が欠かさないんッスけど~ チョイチョイ 15分刻みか30分刻みで 時間を聞いて来るんッス 「今 10:30位ですか?」とかって これがねぇ~3分とズレて無いって言うねぇ~ 本当感心しちゃった~ 普段ローラーやらランニング等で常に時間を意識してるからと思いきや 普段のお仕事で培われた物との事ッス!凄いッスねぇ~

でもってここはもう 世が世なら神様の領域~ 見れば 天空の道もあんなにチッコク~(^^) いやぁ~何て雄大な景色~♪にしても本当~良くここまで上がって来ましたよねぇ~!スタート地点のスキー場 本当にあんなにチッコイ!

DSC064200072.jpg

で~二つ目の通過点 肩ノ小屋 まで登って来ましたぁ~ ここでトイレを借りて~ 暫し休憩~ 少し補給をして行きましょう。

DSC064210073.jpg
DSC064220074.jpg

本当~山の景色そのものッスねぇ~しかも私がチョイチョイ登る 1000m 2000mの山とはスケールがやっぱ違うッス!何か登山に又ハマりそう~! ってか 自転車 サッカー観戦 釣り バイク 登山・・・幾ら夜勤で時間が有るって言ってもさぁ~・・・仕事辞めるっか無いッスねぇ~(^^;

さぁ~余裕をぶっこいて居られるのもここまでッス!(; ・`д・´)

ここからがむしろ 本番! ガレ場へと突入するッス!

DSC064230075.jpg

とは言っても そう大したガレ場でも無いので慎重に登って行きましょう(^^)

DSC064250077.jpg

そして最初あそこでも行く~って言ってた 観測所は 宇宙線研究所の観測所だそうです(^^;

DSC064260078.jpg

閉鎖されてて登れません(^^;

さあ~後ちょっと~ってツイツイペースが上がっちゃって~ 気付けば ていじんさんが 遅れてるって言うねぇ~(◎_◎;) おお~~何て事! 聞けば呼吸がしんどいって・・・あちゃ~ていじんさん だから 気にもして無かったッスねぇ~ さーせん(^^;

私は 昔 バイクツーリングに登山をチョイチョイ混ぜて 各地域の最高峰を北海道~九州まで登って回ってたんッス(^^)仲間に登山好きなバイク乗りが居たので~そいつに 利尻行こう~とか 羅臼登ろう~大雪山だ~羊蹄山 八甲田 岩木山 富士山 赤岳 白馬 八ヶ岳 石鎚山 大山 阿蘇 開聞岳・・・後 マイナーな山は忘れちゃった・・・奴について行くのキツかった~(*´Д`)で~迷って日が落ちて 無人の小屋に一泊とか・・・なので 夜の山がメッチャ怖くて怖くて・・・ってな事でチョッピリ私の方が登山経験が有るって事ッスねぇ~(≧▽≦) 何だろう~気分が良いぞ~~♪ 

とは言え~私の靴はコレ~底が柔らかい ランニングシューズ・・・慎重に足を進め無いと捻っちゃう・・・(^^;

DSC064280080.jpg

で~お約束~更に道は険しく成るって言う~ねぇ~(^^;

DSC064320084.jpg

ていじんさんだからも 足気を付けて~って何度も お声がけして貰いましたぁ~ いやぁ~小石踏んでもグニャっと・・・小石処じゃ無いかんねぇ~!

乗鞍誰でも登れる山でも 誰も大変じゃ無いとは言って無いってねぇ~(^^;

と・・・もう順応してやんの~早!ってかさっきの フェイクだったんじゃねぇ~(;一_一) 足取りが全然違うって言うねぇ~ やっぱトレッキングシューズ良いなぁ~ 登り辛いったら・・・

DSC064330085.jpg

で~例の観測所と同等の高さ?越えたッスかねぇ~?

DSC064340086.jpg

更にここまで来ないと見られない池 権現池~(^^) 本当に何て綺麗なぁ~♪

DSC064350087.jpg

そしてこの人復活ッス~(^^; にしても 風強い~ていじんさん のウィンドブレーカー膨らんでます!帽子が飛ばされるんじゃ無いかと心配で心配で~

DSC064360088.jpg

にしても・・・登ったなぁ~天空の道があんなに下に・・・更に位ヶ原山荘が あんなチッコク・・・このフレームには三本滝まで収まらいッスもんねぇ~そして 遠く これまた100名山の一つ 日本第5位 3.180m 日本のマッターホルンって言われてる槍ヶ岳も望めます(◎_◎;) 何時も雲りガチな私からすると そうそう見えないんじゃねぇ~って思っちゃう・・・

DSC064370089.jpg

そしてこっちが私達が踏破して来たルートッス!下にチッコク見えるスキー場!あそこからず~~~っと一歩一歩上がって来たんッスよぉ~本当に考え深い! 私達 のレベルからしたら 正にグレートトラバースって所ッスねぇ~(^^) 山のずっと先に松本市街!

DSC064390091.jpg

約束の時間までは後チョット さて何処まで行けるか・・・ってかさぁ~!てっぺん見えた~(◎_◎;)

DSC064380090.jpg

ていじんさん「13:15分まで登りません!15分延長したら行けますよねぇ~」って(^^) 頂上見えて戻るとか・・・無理でしょう!

もう!山頂 剣ヶ峰まで 残す尾根は後一本!

DSC064400092.jpg

そして眼下には ほうのきだいらの町が!

DSC064410093.jpg

山頂付近の山小屋では 登頂記念のバッチとかTシャツとか TREKさんなら Tシャツ買いそう(^^)

DSC064440096.jpg
DSC064450097.jpg

お土産に・・・帰りのバスに乗れ無く成るッス~(T_T) って事でTREKさん 来年ご自分で~♪

山頂は直ぐそこ~!

DSC064460098.jpg

お社の裏に到着~

DSC064470099.jpg

そして ほうのきだいら~ 去年松本から自転車で安房峠を越えて あの山の中をぐる~~~っと回ってあそこまで・・・こうして見ると本当に凄いッスねぇ~ 山が深い! しかもそれを今一望してるんッスからねぇ~ そんな事を考えられるのもあの経験が有ればこそッスねぇ~(^^)

DSC064480100.jpg

そして山頂に到着~ って事で 何時もの儀式~ カンパーイ♪

DSC064490101.jpg

 乗鞍岳 山頂 剣ヶ峰 2017.8.26 13:17:18 登頂~!

DSC064520104.jpg

で~ていじんさん お疲れさまでしたぁ~!いやぁ~登りましたねぇ~しかも延長15分ギリギリ~(^^;

DSC064530105.jpg

この後 二人で 明日の必勝祈願 ならぬ 天候祈願! 2礼 2拍手 1礼 からの 「明日も今日の様なお天気に恵まれます様に~」 本当は TREKさんの分もお参りしたかったんッスけど~あんまお金を持って来て無くて・・・ 代りにていじんさんが二人分お参りして下さいましたよぉ~(^^)

さてと~って腰を下ろすと ていじんさん「食べたら直ぐ下りますよぉ~!」って そだそだ忘れてた~エントリ~しなくちゃ(^^;

って事で これまた昨日ゲットした賞味期限切れのパン2つを食べて とっとと 下山します(^^;

もう~~足早に とっとことっとこ・・・(^^;

DSC064540106.jpg

そして 山小屋まで下り~・・・登頂の後の山頂は見え方が違うッスよねぇ~(´▽`*)

DSC064550107.jpg

でも私達には時間が~(>_<)

行きとは違う下山ルートを通り 真っ直ぐ畳平へと向かいます。

DSC064580110.jpg

で・・・ここが又足場が悪い・・・

DSC064560108.jpg

下山したとは言え 2700mッスからねぇ~この景色~ まさにアルプスの名 その通りッスねぇ~

DSC064620114.jpg
DSC064600112.jpg

畳平へと戻り バスの時間を確認・・・15:05って・・・1時間以上開くんッスねぇ~ 2時間に一本でしたぁ~(^^;

まぁ~良い休憩に成りますねぇ~ 因みに 受付終了時間は 午後5:00 全然余裕で間に合います(^^)

さぁ~バスが来たので文明の利器を使って 下山です(^^)

DSC064630115.jpg

車へと戻り 身支度もせずに速攻会場へ!

DSC064650117.jpg

受付前に 桜餅さんにご一報~ どうやら間に合わないとの事で ていじんさんが 代理受付~ なんでも近くで渋滞が有って代理受付が大混雑~と 後でWEBでHPを見た所 どうやら終了時間も遅らせた様でした(^^)

DSC064670119.jpg

私も受付に向かいます(^^)

受付終了~!

DSC064680120.jpg

ブースが出てたので一回りして ていじんさんは チャリダーの撮影してるよぉ~って教えて下さったんッスけど 既に終了~(^^;

DSC064660118.jpg
DSC064690121.jpg

猪野さん 今年からチャンピオンクラス 昨年 500m程御一緒させて貰ったのが 良い思い出に成りましたねぇ~(^^)ってか二度と一緒に走れねぇ~し(;一_一)

宿へ帰ってレースの準備~ってか 今日のあの景色 達成感 もう相当大満足ッスけどねぇ~レースかぁ~(^^;

DSC064520104.jpg

最後に 今回 御一緒する メンバー のジャージのご紹介~(^^)
左から レモン牛乳 ジャージはていじんさん ヴィアッジオ サイクリング クラブ は 私とTREKさん チームスカイベリーは桜餅さん チーム遊は ドラゴンローディーさん yoshiさん

DSC064760128.jpg

さぁ~明日は本番です!私はこの半年間の頑張りを発揮する場ッス!・・・完走を目指します(^^;

最後に ていじんさん が羨む こちらを貼り付けて~(^^)


本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

何か勢いで一気に書いちゃいましたぁ~ 本当長くてすいません。

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 登山 | コメント:6 |
日本100名山 一座 乗鞍岳 登山 #1 エコーラインをハイキング
2017-08-29 Tue 00:00
さかのぼる事 乗鞍ヒルクライムレースの 数日前に成るッス(^^)

ていじんさんから 一通のメールが届きましたぁ~(^^)

内容は 8月26日(土)は今年も登山されますか?それともエントリーのみでゆっくりされますか?って(^^)

返信: 折角だしエントリーだけでは勿体無い!って事で登山行きましょう~ けど登山道ではダメージ残りそう~・・・

返信: 了解しました 勿論舗装路を行きましょう~!なら松本7:00に待ち合わせ~ ダメ元で皆も誘って見ます

って・・・皆って・・・レース前日に登山とか・・・普通はしないッショ(^^;

返信: 桜餅さんも行きたいとの事!更に 頂上を目指したいって言ってます!

・・・頂上~・・・剣ヶ峰!(◎_◎;) レース前に3000m越えってマジか!流石にそれはチョット・・・所で桜餅さんってさぁ~・・・マジか!茨城の鉄人と超人の二人と登山ってさぁ~・・・(*´Д`)

ってな訳で その前々日に松本入り~奇しくも その道中の電車で 100名山をされてる方にお会いして 乗鞍を登るんですぅ~ってお話しした所~ 剣ヶ峰まで行くんでしょう~♪って・・・こりゃ行かなきゃ当日大雨とか・・・辞めてよぉ~

DSC063120001.jpg

2017年8月26日(土) 天候 雨のち晴れ 気温 低11℃(山頂) 高23℃(乗鞍高原) 風速 南西6m(山頂)

ルート説明から(^^)

三本滝 バス停より県道84号線(エコーライン)を山頂 県境バス停まで歩きます。≒4時間



県境ゲートバス停より登山道へ 富士見岳(2817m)へは行かず 富士見岳分岐へと向かい肩ノ小屋を経て乗鞍頂上(3025m)これを富士見岳分岐まで下山し畳平まで歩きます。≒2時間(3時間15分のコース)

乗鞍登山

エコーライン+登山道の 獲得標高1194m ≒6時間の登山です。

朝 5:00雨音で目を覚まし・・・あれ~雨ッスかぁ~(*´Д`) どうも乗鞍って雨が多いなぁ~・・・と💤

で~6:30分!ていじんさんからメールを入電!7:00には到着出来るとの事~(^^)

身支度を整えて 準備は寝る前に既に終えて有るので後はていじんさんを待つのみ~

雨ッスかぁ~ヤレヤレ・・・って外を見るとぉ~・・・(≧▽≦) 止んでるしぃ~♪ラッキー

で ていじんさんが いらっしゃってピックアップ 何時もすいませんm(__)m

そんじゃ乗鞍へ向けて レッツゴー! 道中 桜餅さんがお仕事で来られ無い旨をお聞きして~残念ッスねぇ~(T_T)

ストラバで何時も拝見してるのでどんな方かと・・・お会い出来るのを楽しみにしてたんッスけどねぇ~・・・って思ったらこの日の宿で御一緒との事でしたぁ~♪ ご本人にお会い出来る!楽しみ~(^^)

てな事で何度も通った道を通り 乗鞍高原へと向かって行くとぉ~ 雲が切れて来るって言う~ねぇ~乗鞍も見えましたぁ~(´▽`*)

DSC063490001.jpg

宿の場所を確認し スタート地点の三本滝へと向かいます(^^) その間ドンドン天候が良く成って行くって言うねぇ~(≧▽≦)

DSC063500002.jpg

でもって到着と同時に晴れ間がぁ~(^^) そうそう!私的にはこれが何時もの感じ~♪ やっぱTREKさんって・・・(;一_一)

DSC063510003.jpg

そそくさと準備をして居ると~タクシーの運ちゃんの営業に合います・・・ 歩きで行く旨をお伝えし 退散させて~ 更にてんじんさんはトレッキングシューズを履き 完璧装備!・・・私は 輪行ッスからねぇ~ブーツまでは持って来れず・・・取り敢えずランニングシューズを持参して来ましたぁ~(^^; 舗装路ならこっちのが逆に良いッショ!

ってな事をして居ると~又例のタクシーのおっちゃんの営業~(^^; さっきも聴いたッショ~・・・ていじんさんが一応お値段をお聞きして~上まで5000円ちょっとだったかな~だそうです まぁ~4人以上ならバスと同額!人数が揃ってたら有りかもッスねぇ~

では!一般車両禁止区域のゲートを潜って登山開始~8:22出発ッス~(^^)

DSC063520004.jpg

雨上がりの為路面はビシャビシャ~(^^; ていじんさんの車の外気温計は14℃!いやぁ~涼しい通り越して少し肌寒いって言うねぇ~(^^; (これ書いてる今の何て蒸し暑い事かぁ~・・・)

やっぱアチコチ増水してるッスねぇ~(^^; 今日で良かった~そう言えば昨年はもっと凄い事に成ってたかんねぇ~この分なら大丈夫ッショ(^^)

DSC063530005.jpg

と、ここで 私は有る事に気が付き~「アチャ~~サイコン電源入れるの忘れてたぁ~(◎_◎;)」 って言うと~ ていじんさん 「車にサイコン忘れて来たぁ~(*´Д`) あの時あのおっちゃんが話し掛けるからさぁ~」って(´艸`*) スタート違っちゃったッスけど~持って来た分私のがマシッスねぇ~ 剣ヶ峰までのログは 私が頂きます!この後も物凄く残念がってたかんねぇ~(^^)

林を抜けてスキーのリフトが見えるこの場所~この開けた風景と一筋の道が私は結構好きッスねぇ~(´▽`*) 明日この場所に来た時チョットでも余裕が有ったら良いッスねぇ~

DSC063540006.jpg

そして最初に見えるこの景色~スキー場~(^^) 雨上がりはそれはそれで良い感じ~チッコイ雲がアチコチに山に引っ掛かってるとか・・・千葉の山ではマズ見れない光景~(^^;

DSC063550007.jpg

更に歩きを進めて行くと~おお~~お日様出たぁ~(≧▽≦) テンション上がるッスねぇ~

DSC063590011.jpg

三本滝の次のバス停~摩利支天バス停~ 運転手のおっちゃんが ここから登山道へ入ったら良いって教えて下さいましたぁ~♪

DSC063600012.jpg

三本滝からここまで緩急の有る坂が続いて~この辺りから冷泉小屋までが結構急坂が有ってキツイんッス(^^)前半 割と緩斜面でタイムを稼いで後半粘るか~前半落としてここから行くかぁ~(^^;

そして朝早くからその準備が進められて行きます!ありがとうございますm(__)m しっかり楽しみますねぇ~!

DSC063610013.jpg

ていじんさん 今回ハイドロレーションを お試しで背負っての登頂~(^^) 道志みちの時にISAMさん所有のこのバックに助けられたッスねぇ~ 来年私も購入するかな??凍らせて背負ったら気持ちい~って(^^)

DSC063620014.jpg

と ここで 後ろから自転車が私達を抜いて行きます(^^) おお~中々~あの女性結構速い~とその跡を更に二人が追走~(^^)

DSC063630015.jpg
DSC063640016.jpg

前の女性二人には余裕が~後ろの男性頑張れ~(^^)/ ですが 更に真ん中の女性は速度を上げて行って前の女性をブッチギッて消えて行くって・・・バカッ速~(◎_◎;)

冷泉小屋手前の橋で補給タイム~(^^) 昨日ゲットした 賞味期限を5時間越えたおにぎりを食べます(^^;

DSC063650017.jpg

この間又一台 自転車が通過~・・・っとに皆さん速い・・・ここまでだと例の女性が一番ッスかねぇ~(^^)

この橋の前後に九十九折が有ってその箇所が又結構キツイんッスよねぇ~(^^; 私は明日死んで無いかとても心配ッス~

歩いてもシンドイ冷泉小屋手前の九十九折・・・ふぅ~ヤレヤレ(^^;

DSC063660018.jpg

でもって冷泉小屋に到着~・・・6月のRideではこの区間を飛ばして 死にましたぁ~(*´Д`) みのさん 速かったなぁ~・・・TREKさんは座り込んで補給してたっけ あの時 kachiさんにも付いて行くのがやっとだった~って 帰宅後速攻 3本ローラーを買ったって言うねぇ~ まぁ~その位の負けず嫌いで無いとねぇ~(^^)

DSC063670019.jpg

ていじんさんはと言うと~冷泉の滝?を撮影中~(^^) 雨の為ッスかねぇ~今回はあんま硫黄の臭いがしなかったッスねぇ~

DSC063690021.jpg

ふと 頭上を見れば~ 雲が切れて来て晴れ間が広がってるッスねぇ~♪

冷静小屋を越えると~箱根の七曲りじゃ無いッスけど急斜面の九十九折が6回続くッス!・・・冷泉小屋までの2回の九十九折で削られた足にはかなりキツイ・・・写真で撮ってもこんなッスもんねぇ~(^^;

DSC063720024.jpg

ていじんさんも 「冷泉までと位ヶ原まで!やっぱここだなぁ~」って(^^)更にこの辺りで2000mを越えて少し息苦しさを感じて来るって言うねぇ~(^^; 何て言っても私 海抜数メートルって言う平地よりも低い地域の住人・・・少し速度を緩めて歩いて体を慣らさないとぉ~(^^;結構登って来たッスねぇ~

DSC063730025.jpg
DSC063750027.jpg

で位ヶ原山荘が見えて来たッス! 歩きでも自転車でも何かホッとするッスねぇ~(^^) 明日はここを乗り切れるッスかねぇ~ってか辿り着けるんか~??

DSC063760028.jpg

ボランティアの方がこうして 前日にコースを竹ぼうきでお掃除して下さってるんッス 本当にお疲れ様です ありがとうございますm(__)m

DSC063770029.jpg

山荘でお水を購入し 再スタート! そして残り5kの看板・・・去年は私ここで行きたかったんッスけど・・・逆に失速しちゃったんッス~もうやっと漕いでた様な状態だった・・・(*´Д`)

DSC063780030.jpg

で 橋を渡ると長い直線が・・・これが又キツイんッスよねぇ~・・・この辺だったけか お一人自転車が スイーって走り抜けて行ったんッスけど・・・余りにもスムーズにそしてその辺のCRを走る様に抜けて行った人を見て 思わず 何だアレ?速え~~って言っちゃったぁ~ ていじんさん も「アレは速い!しかも笑顔で登って行った!」って・・・本番あんな方がいらしたら邪魔だけはしなで上げたい物ッスねぇ~(^^;

DSC063830035.jpg

ふぅ~ヤレヤレ・・・っとに息苦しい~(^^;ていじんさんも 「やっぱりそう?」って(^^; って時はコレッス 下を見る~♪ 少しづつ高度を上げてる結構登って来たッスねぇ~しかし何て眺めの良い~♪  アレが位ヶ原山荘下の6曲がりの九十九折~こうして見ると緩急 斜面が良く解るッスねぇ~

DSC063820034.jpg

この上へと登る道を上がって行くとぉ~風景が一変~そろそろ天空へと入って行くッス~正面には雪渓~♪(´▽`*) 明日コレを見て奮起する余裕が有るッスかねぇ~!

DSC063850037.jpg

実はそう大した斜度じゃ無いッスけど・・・息苦しいし 足は残ってないはで前に進まないんッスよねぇ~(^^;

DSC063860038.jpg

けどその先でコレッスから~テンション上がって又行けちゃうって言うねぇ~(^^;
後はこんな景色の中ッスからねぇ~暫し疲れを忘れて走れるから不思議ッス~

DSC063880040.jpg
DSC063900042.jpg
DSC063910043.jpg

因みに正面に見えるあの峰が 剣ヶ峰 3000m乗鞍岳の頂ッス!・・・てかさぁ~バスがあんなチッコく~果てしねぇ~・・・って明日は思わなければ良いのだけど・・・(^^;

DSC063890041.jpg

けどもうここは既に・・・正に天空~♪振り返ればコレッスからねぇ~♪・・・ってかここもこうして見ると結構な斜度なんッスねぇ~・・・何時も回りをキョロキョロしてて気が付きませんでしたが・・・(^^;

DSC063920044.jpg

6月にあんなに有った雪も今ではこんなにチッコく・・・ってガスってて何にも見えませんでしたが・・・乗鞍って言ったらこの景色~♪・・・にしてち~~っとも近づかねぇ~なあの峰・・・(>_<)

DSC063950047.jpg
DSC063960048.jpg

位ヶ原山荘があんなにチッコク~そして 出発点のスキー場は更にあんな下に~(≧▽≦) 俺たち頑張った~!もう十分だぁ~!

DSC064000052.jpg

そしてラスト300位かな?・・・私は明日ここから全力で走ろうと思ってるッス!けど・・・その前にこまで来られるかってねぇ~・・・全力が速度5k位だったら笑えるなぁ~(T_T)

DSC064010053.jpg

本番もこうして下山される方がいらっしゃるんだろうなぁ~(^^;

DSC064020054.jpg

残り100~うおおお~~~(>_<)って続けられたら褒めてあげて欲しいッスねぇ~ まぁ~ ああ~ダメだぁ~とか言ってテレンコテレンコ今の様なペースで中々ゴールが近づかねぇ~!とか言ってるんだろうなぁ~去年見たく・・・(;一_一)

DSC064050057.jpg

おっ!又二人上がって来たッスねぇ~(^^) にしてもまるでツールの様ッスねぇ~♪

DSC064070059.jpg

そしてゴール♪ やった~登頂~!取り敢えず2716m登頂~♪ ていじんさんお疲れ~(^^) 登山なので一応ゴールはバス停~標高が書いて有るッスからねぇ~(^^; 因みに後ろに見える山は 富士見岳~見えてる山は 実家近くの山とそう変わらない高さッスけど~この場所が既に天空~なので裏山とは趣が全然違うッスねぇ~

DSC0640800601.jpg

さて!桜もっち~さんが いらっしゃらないこの状況~ 剣ヶ峰まで行く事無くねぇ~メッチャ高いし・・・ 何と言っても 私達は既に大満足~(≧▽≦)

DSC063960048.jpg

・・・とは言え~ここで辞めたら何て言うか・・・う~ん・・・一度剣ヶ峰まで行くって設定までしたッスからねぇ~・・・私に至っては登山ルートまで調べて・・・時間もまだお昼ッスからねぇ~

ていじんさんも 「もうここでかなり満足してるけど まぁ~じゃ~13:00まで登って戻りましょうか?バスの時間も有りますから~」

確かに(^^; ていじんさん「剣ヶ峰まで行ってエントリー間に合わなかったじゃ本末転倒でしょう!」って(^^; それでも二人共ここで帰りましょうとは言わないって言うねぇ~・・・けどここからは 本格的な登山道~(私の後ろの道) 行くのは良いッスけどダメージ残りそうじゃねぇ~(^^;

DSC0640800601.jpg

って事で本日はここまで 続きは次回(^^)

今回は 本番コースをご紹介的な感じで三本滝からエコーラインを通しでご紹介しましたぁ~ とっても長い文章最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

次回からは 何時もの調子でお伝えします!懲りずに又読んで上げて下さい。

ポチットしてくれたら嬉しいです

にほんブログ村

にほんブログ村


別窓 | 登山 | コメント:8 |
全日本マウンテンサイクリング IN 乗鞍 番外編 #2 日本100名山 乗鞍岳 登山
2016-09-04 Sun 00:00
前回のつづきです(^^)

乗鞍 ヒルクライムのコースをてくてく 歩いて登って 位ヶ原山荘へ到着しましたぁ~(^^)

20160830142200e95.jpg

登山を始めたのが 三本滝レストハウスから なので~丁度 CP1~CP2の区間を歩いて登ったんッスねぇ~!

DSC056510022.jpg

レースでは三本滝までの序盤が 緩斜面で 登りばっかじゃ無く 平坦路からアップダウンの有るコースで 丁度今回歩いた三本滝からがいよいよ登り一辺倒の山道に成るッス!

DSC060280034.jpg

レースでは あの三本滝までを抑えて走って ここから少しペースアップって言う作戦を持って走ったんッスけど・・・

序盤は抑え過ぎちゃった感がぬぐえませんねぇ~(^^; 私の走ったグループの皆さん 最初飛ばし過ぎでその後 バテちゃったからペースが遅すぎましたぁ~・・・その後も旨くペースが定まらず 気が付いたら 三本滝まで来ちゃったかんねぇ~・・・

その後ペースを上げてイーブンペースで登れたんッスけど やっぱ この区間は 大変でしたぁ~ それでも冷泉小屋越えてから この山荘までは かなり良いペースで上がれたッス!やっぱ冷泉小屋までの急斜面がシンドイッスねぇ~・・・

DSC060400046.jpg

さて、登山の方は 山荘で休憩を取らず 先へと進みます だって雨でビチャビチャ・・・体も冷やしたく無いですし 先を急ぎましょう(^^)

そうそう、この山荘も思い出の場所ッス 7月の試走の時に 私だけ先に降りて 誰も来なかった・・・かなりの時間待って 心配で登り始めたらていじんさんが 降りて来て Kachiさん 落車って・・・ビビった~あの時!そんな事をお話ししつつ登ります(^^)

何か色々な事がこの乗鞍では有りましたねぇ~(^^)

さて、気づけば 辺りの景色は一遍(雨で景色もくそもありません・・・)森林限界を越えましたぁ~(^^)

20160830142202e7a.jpg

さて、高度も2500mを越えて居ます・・・イワユル 高所トレーニングの範囲に突入~ッス!

ていじんさん 何かすごく疲れて来たのか?それとも息苦しいのか?って ハイ!息苦しいんッス!いよいよ 高所順応トレーニングに入ったッスよぉ~♪ 明日は誰よりも 楽に登れちゃいますからぁ~(^^) 

ってのはナイナイ・・・だって 私丁度この辺りで息切れ 更に ラスト2kから ち~~~っとも進まなかった・・・完全に高所に遣られましたぁ~・・・ドラゴンローディーさんは 頭痛がって 高山病?(◎_◎;)

DSC060530059.jpg

息苦しさは有るものの 順調に登って行きます(^^)

ですが・・・この日は上へ行けば行く程・・・真っ白・・・完全に雲の中ッスねぇ~・・・マジで明日大丈夫~??

ていじんさんに これで明日雨で コース短縮とか言ったら 本当 扱い変わりますから!とか 言われちゃいます・・・(T_T)

晴れとは言わないまでも・・・TREKさんが居るから 最低でも今日位の雨じゃ無いとダメだな!って・・・(^^;

もう、送迎も無しだし 乗せて欲しかったら 私より先に戻って来いって そう成りますよぉ~って(^^;

いやっ・・・だから~偶々なんですって・・・台風とか来てますし・・・

な~んて言ってたら 明日のゴール!岐阜県の県境に到着~お疲れ様でした(^^)

DSC059610004.jpg

畳平へ到着しましたぁ~・・・ってかガスっててな~んも見えません・・・ですが 雨はかなり小雨に成ったッスよぉ~♪

DSC059630006.jpg

レストランで 何か食べましょう(^^)

最初カレーを食べようと思ったんッスけど・・・病気の為まだ 口が開かないんッス・・・なので 麺類を・・・おっ!うどんが有る!うどんを食べよう~ ていじんさんは カレーを食べてましたぁ~ 良いなぁ~ご飯・・・

DSC059650008.jpg

食事をしてから アレコレお喋りをして暫し休憩を取ります(^^)

何気にお外を見るとぉ~(*´▽`*)

DSC059660009.jpg

晴れ間が見えてる~♪ やっぱ こんだけ歩いたからご褒美ッスね!

DSC059670010.jpg

で、ていじんさんが まだ12:00過ぎだし 時間はタップリ有る!下山も歩いきます??

んっ!何ですとぉ~・・・まぁ~まだ行けそうと思いますが・・・下りは結構 遣られますよぉ~ 何て事はていじんさんも良くご存じ・・・ 晴れ間が行けなかったのか?テンションが上がっちゃったのか・・・ってか・・・まぁ~何時もの病気が発症したんッスねぇ~

取り敢えずバスの時間を確認してから決めましょう!って・・・ハイ!バスは1時間後でしたぁ~・・・しゃ~ない 1時間下山しましょうか?って事で 取り敢えず山荘を目指して歩き出します(^^)

先程まで 雲で視界が悪かった 長野県側の道も・・・ここまで回復してましたぁ~(^^)

DSC059700013.jpg

やっぱり何度見ても 素晴らしい景色ッス!何時来ても天空の道は 素晴らしい~

DSC059710014.jpg

で、下り始めて 2k・・・速攻足にダメージが・・・ふくらはぎに張りが・・・(>_<)

山荘へと下って来て バス停で時間を確認・・・まだ時間が有るって事で更に歩きで下山します・・・

いやぁ~足にかなり 疲労が・・・メッチャふくらはぎ そして太ももの外側に張りが・・・これってさぁ~明日のレースに響く痛みなんじゃ・・・

登りであんなに 良いペースで登ってた 二人でしたが・・・流石にペースが落ちて 疲労が蓄積されて行きます。

ていじんさん「やっぱ・・・下山はするものじゃ無いですね!辞めれば良かった・・・」
私「ええ~これあれですよねぇ~ 明日に影響出ますよねぇ~・・・」
ていじんさん「何かすげ~ふくらはぎに来てる・・・まぁ~股関節に来なければ大丈夫ですけどね」

冷泉小屋まで 後数キロと言う所で バスに抜かれて行きます・・・

私「ま~ここまで来たら 完歩しましょう!」
ていじんさん「もちろん!せっかくですし」

冷泉小屋に到着~・・・もう、歩幅もかなり小さく ソロリソロリと下山して行きます・・・

話しもレースの事はもう お話ししなくなり オリンピックの選手は凄いなぁ~的な・・・逆転するとか相当強いメンタルだとか 何とか・・・

冷泉小屋から 下って来て フト・・・コーナーを振り返る二人・・・えええ~~~!何じゃこりゃ!!(◎_◎;)

私「こんなもの凄い坂有りましたっけ・・・」
ていじんさん「いやぁ~・・・何だろう 筑波山にも中々無い様な・・・こんなだっけ?」

何か階段の様な斜度の坂に見える・・・勿論 そんな傾斜の道とか無いんッスけど・・・本当にそんくらいに見えたんッス・・・

それが 下へ行けば行く程・・・ここで発見! 人間はメンタルが弱ると 見える物が実際と異なって見えるって言う・・・

更にあろう事か 二人は 「別に明日のレースとかどうでも良くなって来た・・・何か凄く遣りきった感が・・・」って口走る始末・・・

そして「雨なら雨でもう 良いやぁ~って」 何ですとぉ~~!

そして 足を引きずる様にして 無事下山・・・下の監視所へ行ってご挨拶~上まで行って帰って来たよ~って(≧▽≦)

したら 何処を下山した?って 雨だったからず~っと道路を下山して来たって(^^;

したら「正解だったよ!今登山道にクマが出たって 親子だったらしい」

何と!クマって・・・親子って 小熊が居ると お母さんは気が立ってるからヤバイんッスよねぇ~・・・

201608301648599f0.jpg

一旦宿へ帰って荷物を下ろし 大会のエントリーに 会場へ行きます。

DSC059770020.jpg

PM16:00 宿から歩いて 会場へ 
DSC059790022.jpg

人も少なく 余裕でエントリ~出来ましたぁ~(^^)

DSC059820025.jpg

女性の方へエントリー用紙を渡し ゼッケンやリザルト誌 記念品のタオルを頂いて いよいよッスねぇ~!

DSC059830026.jpg

さて・・・この足って自転車乗れるんッスかねぇ~・・・(T_T)

出店してる お店を適当に見て・・・ってか 疲れちゃって 早く宿でゆっくりしたいって・・・

DSC059850028.jpg

宿へ帰ると・・・私のお部屋が締まってる(T_T) 誰か~居ないの~・・・

そこら辺を探すも TREKさん kachiさん の姿が無いッス・・・お土産買って来たから入れて~・・・

部屋の前で待って居ると お風呂からお二人が帰って来てようやく お部屋へ~(>_<) 締め出されちゃったかと・・・

お酒がダメなお二人に ジュースのお土産を♪ これは 会場前のお土産屋さんに有ったジュースです(^^)

DSC059860029.jpg

皆で ジュースで乾杯~♪

DSC059870030.jpg

ジャージにゼッケンを付けて!ヨシ 明日は頑張るぞ~って(^^)

DSC059960002.jpg

お風呂へ入り ていじんさんと 交換浴・・・ 水➩お湯➩水 を6回程して疲労を回復させます・・・

お風呂の後はお待ちかね~♪ 前夜祭~

まずはカンパーイ♪

20160830165530c68.jpg

こんなお食事~しっかり食べて 明日のレースに備えましょう!と皆とお食事するのってとっても 楽しい~♪

DSC059900033.jpg

けど・・・やっぱり 口があまり開かず 食べるのに苦労したッス・・・皆さんが食べ終えても 私が終わらず・・・

更にホテルのスタッフの方達にもご迷惑が・・・(^^; いやぁ~すいません 本当・・・

夜 アレコレ TREKさん kachiさんとおしゃべりしつつ けど・・・メッチャ睡魔が・・・20:30 電気を消してご就寝~

こうして レース当日を迎えます・・・外はすっかり雨が止んでいる この分ならフルコース走れるかもッスねぇ~・・・

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | 登山 | コメント:14 |
全日本マウンテンサイクリング IN 乗鞍 番外編 #1 日本100名山 乗鞍岳 登山
2016-09-03 Sat 07:00
大会の参加受付は 前日の8月27日に行われるッス 受付開始時間は 13:00から♪

なので 輪行でも土曜日に家を出ても十分間に合うんッスけど・・・

折角だし・・・色々遊びたいし・・・って事で 何時もの様に その前日 金曜日の夕方松本入りしたッス(^^)

DSC059280008.jpg

金曜日に仕事を終えて 一度帰宅 更に前日に準備を済ませて置いて 仮眠を取り 出発~ 松本へは16:00頃到着しました。

すると~ていじんさん より 着信が!(^^)

マタマタ 今回も松本よりピックアップをしてくれるって言うねぇ~(^^) ありがとうございます。

で、折り返しお電話をします。 するとぉ~5:30か6:00頃こちらへ来るらしい・・・

えっ??早くねぇ~?だって13:00受付・・・それでは乗鞍へ8:00か8:30頃 着いちゃうんじゃ・・・

聞けば ていじんさん 乗鞍を登山する計画をたてたらしい・・・何と~(◎_◎;) 言ってくれたら 私も登山の準備もして来たのにぃ~(>_<)

何故なら~ ヒルクライム×登山!は私の専売特許ッスから~(≧▽≦)

開けて翌朝~ ていじんさんより ココイル サークル&パスを教えて頂き 出発準備をします・・・

DSC059580001.jpg

が、しかし・・・お外は雨ッス(T_T) やっば~結構降ってるッスねぇ~・・・

DSC059590002.jpg

待ち合わせ場所のコンビニまでは 5分程で到着~ 丁度ていじんさんもいらっしゃいましたぁ~(^^)

おはようございます(^^) よろしくです。

ていじんさん 私の格好を見る成り 「あっ!その靴なら登山出来ますねぇ~?」って・・・いやいやこれじゃ 登山道登れません・・・(T_T)

DSC059600003.jpg

私「この雨でも 行かれます?」
ていじんさん「行きますよぉ~ けど 登山道じゃ無くって普通に道路を歩きます」
私「うわぁ~登るんッスねぇ~すげ~~」
ていじんさん「うん、登山靴とランニングシューズも持って来たからそれ履いて登ります」
私「流石~用意万端じゃ無いですかぁ~?」
ていじんさん「14144さんもその靴だったら登れますよぉ~」
私「成るほど~道路行くならこれで行けますねぇ~」

買い出し次いでに 雨具を購入~♪ 時間有るし お外雨だし なんだったら御一緒しちゃおうっと(´艸`*)

この日の出発地点 三本滝のレストハウスに到着~

DSC056510022.jpg
※写真は以前来た時のものです。

ていじんさん「所でどうします?行きますか?」
私「ハイ!行きますよぉ~ 雨ですし 自転車乗っても面白く無いですから 時間一杯有りますしねぇ~」

って事で 登山の準備~って言っても 私は 登山の用意はして居ません・・・なので 短パン レックカバー 吸湿速乾インナーとサイクルジャージ ウィンドブレーカー コンビニレインコート アシックスのランニングシューズ 更に靴下の上にコンビニ袋を履いて登ります♪ したら ていじんさんが 登山用のレッグカバーを貸してくれましたぁ~ ありがとうございます。

見て見て~この有り合わせ感タップリの格好~♪

20160830134027d68.jpg


2016年 08月 27日(土) 天候 雨 気温 低10℃ 高21℃ 風速南1m

ルートは三本滝からレースと同じ 県道48号せんを畳平までの往復≒26k程のコースです

乗鞍ハイキング


では、三本滝から コースを歩いて 登頂をしましょう(^^) 思えば 登山するのは 本当に久しぶり~♪

201608301343307a8.jpg

そうそう、私のカメラは防水では有りません なので 写真はていじんさん の所から無断転用~(^^;

コンビニでは 登山を見越して クッキー、一本満足バー、ゼリー、バームクーヘン、パンを購入~準備は万端ッス

ていじんさんの計画では 登りはこのまま歩いて行って 帰りはバスで帰るって言う計画~(^^) それなら 差ほど翌日に影響は出ないッスねぇ~♪ 前日に試走とか言って一本自転車で登る方が 体へにダメージが残るッスから・・・

但し・・・大会前日に 登山とか・・・普通はしないッス どっちか言ったら 頭おかしい 部類・・・

けど、遊びって事で考えるなら 何て贅沢なぁ~♪ だって、日本100名山を完歩してから 自転車で走破する何て~(≧▽≦)

そうそう!一昨年は 富士山を自転車で5合目まで登って その翌日 山頂まで登山したんッスよぉ~♪ 雨の中・・・もはやこれは恒例行事~♪

歩いて見ると 雨は思った程じゃ無く 全く歩行に問題は無いレベルでしたぁ~(^^) 昨年の富士登山の時は 8合目から風速20mの暴風雨・・・山頂では50m・・・一度最後の石段で 吹っ飛ばされて 数メートル落っこちたかんねぇ~・・・滑落するかと思った・・・に比べたら 全くもって全然余裕~ッス(^^)

しかも二人で歩くから 楽しい~♪ に しても 世の中には面白い人が居るッスねぇ~こんな事する奴私だけと思ってたら・・・ここにも居た~!

少し登ると 増水した沢の水を土嚢で止めて居る所が・・・ていじんさんのお話しでは昨年はこの土嚢の所当たりで水が増水!その影響で 道路が冠水しての コース短縮となったらしい・・・先程富士山のお話しをしたんッスけど その日と同日日に大会が・・・富士山では 降水量5mm 最大風速50mの暴風雨・・・そりゃそうッスよぉ~納得出来る!

201608301355132c1.jpg

ていじんさん から 登山でこの位の雨ってどうなの?って聞かれたんッスけど 別に普通ッス!基本高山の場合 雨が普通ッスから・・・雲が低かったら引っかかって濃霧だし・・・朝晴れてても 1時間後どうなるか?って世界 釣りと登山にとって気にするのはむしろ風!風はヤバイってお話しをしつつ登ります(^^)

で、折角なので レースでのアドバイスを貰ったり 戦略を教えて貰ったりしつつ登って行くッス(^^)

201608301414521a1.jpg

で、Kachiさんが 足を攣った場所を散策~更に TREKさんがマッサージをした路肩を発見 見事に お水が流れ 川に成ってるッス(^^) あの坂を密かに 足攣坂と命名~明日の check point にしようっと(^^)

ここでていじんさんに そろそろ 足に来てますってお伝えすると ていじんさんも来てるって(*´▽`*) 何だ~一緒じゃんホッとしましたぁ~♪ ていじんさん エベレストとかでも サクッと登っちゃうイメージが・・・同じ人間って事ッスね

けど・・・本当にこの道は歩き易いッスねぇ~♪ 車が来ないし 雨だし 大会前日って事も有り自転車も少ない!この日は大会の為に自転車も入山規制してるってていじんさんが教えて下さいました。

けど、流石に 関係無い普通の自転車も締め出す事は出来無いので こう言う 自転車は何台か登って来られます・・・ってかさぁ~雨の中良く来ますね!しかも 台風が来てるのに・・・(自分たちの事は棚に上げまくり)

20160830140236975.jpg

したら 女の子でしたぁ~(◎_◎;) 私達を抜いて休憩を取ったので お話しをお聞きした所 高山方面へと下るんだとか!更にスカイライン側悪天候で 走行不可・・・バスであちらへ 降りられるとの事ッス・・・気を付けて行って下さい。

2016083014145570c.jpg

明日のレースに参加する事を ていじんさん が伝えると 「頑張って下さい!凄いですね!」って いやいや・・・何を仰るやら!貴方の方こそ 頑張って!そして凄いです!

で、私達は先に出発~2つ程コーナーを回った所で彼女は私達を抜いて山頂を目指して 登って行かれましたぁ~ がんばって~♪

にしても・・・足取りは中々・・・ってかメチャ速い部類なのでは?? その後下山の時にレース参加と見られる方達を見ましたが・・・彼女の方がメチャ速かったって言うね・・・あっ、勿論私とかは 元々数に入ってませんので~言わずもがな

冷泉小屋へ到着し チョコット補給を取って 出発します・・・雨をかわす所が無いッス

DSC060430049.jpg
※写真はレース当日も物です。

やっぱこの区間がメチャクチャ大変でしたぁ~・・・明日はここをどう走るか?ですね!

そうそう、例の女性とお会いした 当たりからていじんさん 登山とは言わず コースの下見って言い出したぁ(^^; あっ・・・いや・・・どう言おうと 頭がおかしいとしか・・・13kもの道を歩いて下見とか・・・

位ヶ原山荘に到着~ 何か歩いてもあっという間に来ちゃったッスねぇ~(^^) レースではこの山荘はCP2に成る場所ッス!運営の皆さん 急ピッチで準備をしております。 こう言う方達にも支えられて レースとか言って遊べるんッスね 感謝感謝です。

20160830142200e95.jpg


では、上を目指して登りましょう!

って事で続きは次回(^^)

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | 登山 | コメント:6 |
日本200名山 大岳山 を目指して縦走!#3 大岳山~梅沢探勝路 
2015-11-04 Wed 18:58
天気が今一・・なので御岳山登頂を断念(T_T) とは言え~・・・それ以外に走路が分からないんッスよぉ~??

DSC033380098.jpg

お天気あまり関係無い 良いスポットとか無いんッスかぁ~??(^^;

愛宕神社の鳥居前で撮影した 案内図を確認して見よう~(^^)

DSC032730025.jpg

う~ん・・・やはり鋸山へ戻るルートと御岳山へ行くルートしか無いのかな??

しかし・・・ここの標識にもう一つ道を示してる・・・あっ!愛宕山の前の案内図ザックリだったけど写真を撮ってたっけ!

c0213096_6255677.jpg

おお~~!滝が有るんッスねぇ~!しかも・・・3つも!( ̄ー ̄) 滝!良いじゃ無いッスかぁ~♪

3taki

ここから下山出来る様ですし!こっちへ行こうっと(^^) ※因みにこの案内にも大岳山から滝へのルートは書いて無いッス!

私の前に カップルがそちらへ下りて行ってる以外・・・どなたも・・・まあ、そうッスねぇ~(^^;

では!行きましょうか!

下りて見て ここが意外と大変って事に直ぐ気づきます(^^)中々の勾配!・・・足元を落ち葉が覆っていて滑る滑る・・・

前を行くカップルに追いつきましたぁ(^^; 2度彼女の方が転倒!!危な~!!(>_<)お2人が私に気づき 道を譲ってくれるッス(^^;

しかし・・・ここって・・・一つ間違うと道を逸れちゃうんじゃ・・・(^^;だって~これッスよぉ~!!パッと見何処が登山道って分かります??

DSC033420107.jpg

因みに右に有る2本の木の間が正解ッス(^^) 慎重に足を進めるッス!どうも谷に降りた模様・・・しかし・・・歩きにく~!(ーー゛)

DSC033430108.jpg

案内標識発見!(ーー;) 有ってるんッスねぇ~!登山道を進んでる気がしないんッスけど・・・

DSC033440109.jpg

丁度この辺りで女性のみのパーティーとすれ違います!大学生かな??

そのお蔭で踏み跡が出来ててラッキー♪それを辿れば良いッスねぇ~!にしても・・・坂道の下りで落ち葉で足が取られ・・・中々ペースが上がりません・・・けど、こう言う場所で焦ってはダメッス!アチコチに道とおぼしきラインが有って・・・地形を読んで進まなきゃ!

ず~~っと杉林の中を進んで来ましたぁ~先程のパーティー以外誰とも会わ無いッスねぇ~・・・

DSC033450110.jpg

暫く進んで行くとぉ~・・・(◎_◎;) 倒木が・・・道が分断されちゃってる・・・反対側にも道らしき物が有るっちゃ有るんだけど・・・違和感がってか不自然な方向の様に思えるッス(; ・`д・´)

DSC033460114.jpg

慎重に倒木を越えて見ると~有った!間違い無いッスねぇ~(^^)

DSC033470115.jpg

DSC033480116.jpg

この倒木を過ぎると沢沿いに道が通ってるッス!さっき確認した案内表示の画像からも沢伝いに下れば林道へ出るって成ってたッス!

この沢沿い・・・更に急坂で歩き辛い・・・相変わらず足元には落ち葉で埋め尽くされてるし・・・気は抜けないッスねぇ~

DSC033490117.jpg

ええ~・・・又~(^^; これ何処通るか分かります??落ち葉のせいと余り人が入らないルートの為・・・道が分かりづらく成っちゃってるんッス・・・因みにパッと見右側に2本と左側に1本道なのかな?的な・・・右の沢に近い所がルートと思うんッスけど・・・

DSC033500118.jpg

この様なヶ所が幾つも・・・あれ??あっちにも道が有るッスよぉ~見たいな(^^;

ようやく水の流れる音が足元で聞こえだした頃に間伐材を運搬する??モノレール?何て言うの??トロッコ??のレールが有りましたぁ~(^^)このレールず~~っと梅沢林道の梅澤園地まで続いてます(^^)

DSC033510122.jpg

写真に撮らなかった事を後悔してますが・・・この後何回か丸太の橋を渡ったり 飛び石で対岸へ行ったりと・・・中々アドベンチャーッスねぇ~(^^;

途中水量が増して来た沢へ下りて休憩~!この手前で 普段着に革靴の年配男性が上がって行ったんッス・・・なので それだとここは登れないですよぉ~私でもこのルートで上がったら2時間は掛ると思います・・・と御忠告・・・チョッピリ怒った様で 行ってしまいましたぁ~(^^;まあ、引き返すと思いますが・・・だってもう直ぐ日没ですし(^^;

けど!ここ!見て下さい!ヤバく無いッスかぁ~!!ここ東京都なんですよねぇ~(≧◇≦) 

DSC033520129.jpg

PA3102900102.jpg

PA3102950111.jpg

PA3102930105.jpg

PA3102970113.jpg

その後も何度も沢へ降りて 顔洗ったり 手を洗ったり~♪ 冷た~~(>_<)

どんどんと沢の水量が増えて・・・何時の間に~って(^^) 最初はチョロチョロだったんッスよぉ~!!これが最後は一級河川に成って東京湾へかぁ~(*´▽`*)

思い付きで入って来ちゃって道を何度も見失ったり・・・滑ったりしたんッスけど!天候が悪いからこっちへ来たのって正解でしたねぇ~(^^)

この後も道が分からなく成ったりそうそう!一回滑落しそうに・・・(^^;ヤバかった~その時の写真がこれッス(^^;因みに片手で木を掴み何事も無く無事でしたぁ~(^^;

PA3102940106.jpg

大滝の標識発見! 見て下さい!大岳山の所(悪路)って成ってるッス(^^;そうッス!悪路ッスよぉ~!

DSC033530130.jpg

大滝へ行って見よう!ヽ(^o^)丿おお~~!!(◎_◎;) 立派~!おっきい!何枚か写真を撮り!

DSC033560133.jpg

PA3103000121.jpg

PA3103050127.jpg

滝の側に腰を下ろしてマイナスイオンをチャージッス(*´▽`*) 来て良かったぁ~・・・

大滝を後にし 次はネジレノ滝ッス!

本当に・・・はぁ~~(#^.^#) 素晴らしい~♪ しかも・・・私独り占めなんッスよぉ~!土曜日の午後に(^^)v

c0213096_20474943.jpg

更に更に~!三つ釜の滝ッス!

20141213_0914_24.jpg


ここどうなってるんッスかぁ~??この3つの滝!それ単体で別の場所に有っても素晴らしいと思うんッスけど・・・それが同じルートに3つって・・・(^^; 有り得なく無いッスかぁ~??贅沢だぁ~!山頂の景色は何時も通りダメでしたが・・・今回はこれで帳消しッスねぇ~(^^) マイナスイオン 満タン決まってます(^^)

では、帰路に着きましょう!高度も一気に下げてそれまで斜面だった道も緩やかに・・・開けた場所に出たッス(^^)梅沢園地なる場所ッスかねぇ~(^^)

DSC033600142.jpg
DSC033590141.jpg

東屋が有り暫し休憩~!更に おにぎり、羊羹を食べて補給するッス(#^.^#) ここからは 林道(舗装路)で県道へ出て奥多摩駅へ!

DSC033580140.jpg


少し歩くと車が1台 プジョーが上がって行きました(^^)滝見るのかな?

これだけじゃ終わらないんッスここ!何と!道の反対側にまたしても滝が!!マジッスかぁ~(≧◇≦)

PA3103090136.jpg

こんな関も有って本当に飽きないッス!

PA3103110139.jpg

更に林道を進んで行くとぉ~・・・梅沢隧道・・・って怖く無いッスかぁ~・・・中は真っ暗ッス(゚Д゚;)

DSC033620144.jpg

抜けると人里へと・・・山と人里とを隔ててる様ッスねぇ~(^^;

アメリカキャンプ村なるキャンプ場では 賑やかな声がしてたッス!と美味しそうな匂いも!(^^;

時間は16時過ぎ・・・どうにか日没までに下山出来たッス(^^; ここからは県道を経て駅へ向かうだけッス!確か電車は結構な時間まで有ったと思ったので・・・ってまだ16時ッスよぉ~!私の地元もそうッスけど・・・田舎の夜は早いかんねぇ~(^^;

DSC033630145.jpg

あれだけ賑やかだった奥多摩周辺も車くらいでだ~れも歩いて居ませんねぇ~(^^;

途中の渓谷を一枚・・・うん チョットボケました(^^; 日没近いかんねぇ~!

DSC033640146.jpg

奥多摩駅に到着した頃には 辺りは真っ暗・・・時間も17:06・・・歩いたぁ~!大変だったぁ~(^^;長かったッス!

DSC033660148.jpg

10時17分登山開始!で奥多摩駅に17時06分! 距離≒16.3k 歩いたぁ~~(^^;疲れた~!!

登行    6時間49分

標高    愛宕山 507m

       鋸山   1109m

       大岳山 1266.5m

距離    ≒16.3k

何と電車が余り待たずに来たッス(^^) 発車まではまだ時間が有るんッスけど・・・電車暖かい~(#^.^#) 体が冷えちゃったかんねぇ~!電車も空いてて本当に良かった~、この後 青梅、立川、御茶ノ水、錦糸町、君津と乗り換え・・・いやぁ~!電車だけでも十分旅行ッスね!世界の車窓から!ちゃらっちゃっちゃちゃちゃ~ちゃちゃ~・・・今日はJR内房線の旅をお伝えします的な(^^;

大岳山山頂で景色を見る事が出来なかったんッスけど! 梅沢探勝路!の景観はそれを補うには十分でしたぁ~(^^)マイナスイオン出マクリでしたしぃ~(^^)v 今回も中々ハードな登山となりましたが! 奥多摩の山々!お邪魔しましたぁ~m(__)m

次は絶対!綺麗な景色を見るかんねぇ~(^^)

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ぽちっとしてくれたら嬉しいです。

にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | 登山 | コメント:8 |
| ロードレーサーで週末サイクリング | NEXT