TACURINO COZMA  組み立て #5 Rディレーラー×BB取り付け
2017-11-18 Sat 23:56
TACURINO COZMA  組み立て作業のつづきです(^^)

フロント周辺 シート そして前回はシフターからワイヤー類を 前後ブレーキ 前後ディレーラーまで通して行ったッス(^^)

ブレーキケーブル取り付け作業の記事はこちら
シフトケーブル取り付け作業の記事はこちら

インナーフレームにワイヤーを通すのは始めてで ちょっと心配したッスけど~何の事は無く 普通に出口へと抜けて来たッス!恐らくは中にガイドチューブが入ってたんじゃないのかな?・・・と(^^; その辺りは中古のフレームですので謎ですが・・・

DSC072620013.jpg
DSC0726700181.jpg

では今日は リア用ディレーラーを取り付けます(^^)

使用するディレーラーはこちら~

メーカー: SHIMANO
商品名: RD-6800
タイプ:  GS
重量: 207g(実測)
対応スプロケ: トップ/11.12t ロー/28.32t

DSC071220019.jpg

実はケージの短い SSタイプが欲しかったんッスけど・・・中古での入手の為その辺も選べないッスからねぇ~・・・にしてもトライアスロンの選手でGSを使ってたとは・・・チト以外~(^^; と言う私は 競技を始めた頃はMTBでしたけどね・・・

ボルト部へグリスを塗ったら ディレーラーハンガーへとネジ込んで終了~(^^)

そこへアウターケーブルを必要な長さにカットしアウターキャップを取り付けて フレームとディレーラーとを接続したらそこへとワイヤーを通して取り敢えず完了~(^^)

DSC072920001.jpg

COZMA はリア側は フレームの中を通すのは ケーブルガイド(BB下のガイド)までで そこからは普通にチェーンステイの下を添わす形で外側を渡します。

DSC072690020.jpg
DSC072930002.jpg

取り敢えずこのままにして次の工程へ~ って事でBBを取り付けましょう(^^)

実は最初にBBを取り付けようと思ったんッスけど・・・ちょっとした事が有り後回しに成ってしまったって言うねぇ~(^^;

使用するBBはこちら~(^^)

メーカー: SHIMANO
商品名: SM-BBR60
タイプ:  BSA
シェル幅:68mm  
重量:   77g(実測)

DSC072590010.jpg

グリスを塗って~取り付け~

DSC072700021.jpg
DSC072710022.jpg

問題発覚!(◎_◎;) 手持ちの工具では径が合わず締め付ける事が出来ないって言うねぇ~(>_<)

DSC072730024.jpg
DSC072720023.jpg

あちゃ~~~!そうだったんだぁ~(>_<) 知らなかったぁ~!では行ったいコレは何で締め付けるんッスかぁ~?

で~必要に駆られて調べたッスよぉ~(;´Д`)

どうやらSHIMANOの規格は 3タイプ有る様で・・・

ホローテックⅡ(私の工具はコレに対応~以下二つの樹脂製のアダプターはこれに取り付けて使います)
BB9000

と今回使用するBBR60ッスねぇ~(;一_一) 内径は同一規格なんッスけど~外形が違う様ッスねぇ~ 

しげさんのお話しに寄るとベアリングの径を ホローテックⅡ>BBR60>BB9000 ってな具合でチッコクして差を付けてるんだそうッス・・・ってヤレヤレ・・・

さぁ~どうするか~まずは工具を物色~(^^;

で~2つの工具をHIT~(^^)

TL-FC25 って言う 樹脂製のブラケットアダプター これもしげさんのお話しによると 新品のBBには付属で付いて来るって言うねぇ~(^^;

もう一つは TL-FC37 って言う 金属性のアダプター インパクトレンチで使用出来るって奴!(^^)

金額が それぞれ

TL-FC25 369円 TL-FC37 2520円 で~この手の工具で樹脂はダメでしょう~ってな事で迷わず 金属性の物を購入~待つ間上記作業を行って 翌日到着~(^^)

DSC072780001.jpg

で~誤算が・・・何と!手持ちのソケットアダプターではサイズが合わないって言うねぇ~(;´Д`)

そんでスパナサイズ32mmが見つからず・・・手持ちのモンキーもそこまで開かず・・・

ソケットアダプターを最低でも購入しなくちゃって言うねぇ~(>_<)

大失敗!締め付けるだけなら樹脂製で十分だったんじゃねぇ~? もっと言うならこのアダプター(ソケット)2500円っスから新品のBBを買うって言う手も有ったんじゃねぇ~?? 更にここに ソケットアダプターを新調したら+600円程・・・3000円を超えるって言うねぇ~したらBB9000が買えちゃう・・・

あぁ~・・・何だろう~テンションダダ下がり~遣ってられねぇ~って事で終了~(^^;

でそのまま放置する事2日間 で~32mmのスパナかレンチが有ったハズと探すも見つかれず・・・何処やったかなぁ~??

そんで徐に 取り付け用アダプターを見て見ると~ チッコイ穴が貫通してる~(◎_◎;)

DSC072810004.jpg

って事で3mmの6角棒を差し込んで 回して見た所~締め込みに成功~!!(^^)!

DSC072820005.jpg

本当~何だろう~自転車の規格って・・・それでも何とかBB取り付けまで済み 先へと進められます(^^;ヤレヤレ・・・

今後の為に32mmのスパナを探して置こう~・・・何処やっちゃったかなぁ~~??

次回はクランクとフロントディレーラーを取り付けます(^^)

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | レストア | コメント:0 |
TACURINO COZMA  組み立て #4 シフトケーブル取り付け
2017-11-17 Fri 19:56
TACURINO COZMA  組み立て作業のつづきです(^^)

ハンドル シート を取り付けた後 前回はブレーキキャリパーを取り付けたッス(^^)

ブレーキ取り付け作業の記事はこちら

ではでは シフトケーブルを取り付けて行きましょう(^^)

使用するケーブルはこちら~(^^)

SHIMANO純正の ステンレスワイヤー(^^; ポリマーコーティングされて無い普通の奴ッス 理由は扱い易いって事~ 私ディレーラー調整が超~苦手~なので遣ってる内にドンドン毛羽だって酷い状態になる絵面っか浮かばないって言うねぇ~(>_<)

DSC072600011.jpg

そしてそんな私に必須アイテムがこれッス(^^)

SHIMANOのケーブルアジャスター! これが有ると無いとじゃ全然違います!見た目が黒く目立たない樹脂製の物を使用します。

SM-CA50 定価で774円程~

DSC059110011.jpg

ではシフターへケーブルを通して行きましょう(^^)

さて・・・何処をどう通すか・・・

こんな時はコレ~♪ メンテナンスのマニュアル本(^^) 丁度この本で紹介されてたのが6800系~って事で参照して遣って行くッスかねぇ~

1106708637_main_l.jpg

外側から内側へ通して 写真の様にフレームへと送って行く様ッス(^^;

DSC072830001.jpg
DSC072840002.jpg

アウターケーブルを必要な長さにカットし間にアジャスターを接続してシフターとフレームとを繋いでケーブルを通して行くッス!

DSC072850003.jpg
DSC072860004.jpg
DSC072870005.jpg

後はそのアウターケーブルの中へとインナーケーブルを送って遣ったら良いッスよねぇ~・・・さて旨く出口から出て来るかな?(^^;

ず~~~っと送って遣ったらアッサリ出たぁ~(^^) 恐らくは中にガイドチューブか何か入ってるんでしょう~でなきゃこうは行きませんよねぇ~・・・??

DSC0726700181.jpg

Front側のケーブルはガイドの先に有るチッコイ穴へ通して上へと抜きます。

DSC0729000011.jpg
DSC072680019.jpg

思ったよか簡単にフレームの中を通せて良かったぁ~(≧▽≦)

けどチョット心配な事が~・・・

それはココ~ディレーラー側の穴~これには全くなんのガイドも無くてただチッコイ穴が有るだけ・・・このままで良いのか?

メンテナンス本には専用のブーツを取り付けると有るッスけど・・・一体??

ちょっと調べて見るかな??

次はリアディレーラーとBB取り付け~(^^)

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | レストア | コメント:4 |
TACURINO COZMA  組み立て #3 ブレーキ シフター 取り付け
2017-11-15 Wed 18:56
TACURINO COZMA  組み立て作業のつづきです(^^)

前回まで ハンドル シートまで組み付けが終わりいよいよコンポーネントを取り付けて行くッス(^^)

ハンドル取り付け作業の記事はこちら

シート取り付け作業の記事はこちら

ブレーキキャリパーを取り付けて行きます(^^)

今回TACURINOに使用するコンポーネントは 6800系 ULTGRA~仲間と釣竿とトレードして入手した物ッス(^^;

中古ですが 中々良い状態の物をゲット出来たと思います(^^) が・・・私のロッドの方が状態と年代が新しく使用頻度も少なかった事を思うと・・・正直等価交換じゃ無くて私の方が若干損をしてるんじゃ無いかと・・・(>_<)

ってな事でフルコンポで現金は掛かってません(^^;

ブレーキキャリパー

DSC072500001.jpg

メーカー: SHIMANO
商品名: BR-6800
アーチサイズ: 51mm
重量: 前後セット 335g(カタログ値)

アルテグラは既に8000系が発売されて結構経ちますが 私にしたら憧れのコンポーネントッス(^^)

このキャリパー!何て言うんだろう~・・・ロック?を解除する時に動かすレバー?(^^;アレが細かく8段階に動くんッスねぇ~!105は ONかOFFしか無かったから~(^^; どう利用するかは?ですが・・・

DSC0709400251.jpg

そんじゃ取り付け~♪

キャリパーに付いてた固定ボルトがTACURINOには合わなかったので~ 以前105ブレーキキャリパーを購入した時に付属してた固定ボルトを使って固定します(^^) BHの時もこれのお蔭で取り付けられたんッス♪

DSC057330090.jpg

Front

DSC072520003.jpg

Rear

DSC072510002.jpg

そしたらシフターを取り付けて行きましょう~(^^)

デュアルコントロールレバー

DSC072550006.jpg

メーカー: SHIMANO
商品名: ST-6800
対応ギヤ: 2×11
重量: 前後セット 425g(カタログ値)

実はアルテグラグレードのシフターを使うのは今回が2回目なんッス(^^) BHにもアルテのシフターを使ってます!6700系ッスけどねぇ~(^^;ですが~5800よりも変速性能は悪く・・・変速時チョット重たいんッスよねぇ~ガッチャンって(^^;

但し中古の上あんまり状態も良く無く・・・中のスプリングを手持ちの物と交換とかしてるので・・・それの影響が無きにしも非ず・・・

DSC059930015.jpg

ってな事で取り付け~(^^)さぁ~これを使うのが今から超~楽しみッス♪

DSC072560007.jpg

シフターの取り付け位置をハンドルのエンドから12°になる所へ取り付けるッス(^^)

やり方はバーエンドとブレーキレバーの先端とをビニールテープで繋いで~

DSC072760002.jpg

その線にスマホを当ててアプリで計測~(^^) これで微調整~

DSC072750001.jpg

反対側は取り付けたら板を渡して水平器で合わせれば同じ位置になるッスよねぇ~(^^)写真は割愛~

シフターを取り付けたら ブレーキワイヤーを取り付けましょうか(^^)

SHIMANOの普通のブレーキ&シフトのケーブルセット~!アウターとインナーとがセットに成った物ッス(^^)普通にAmazonで購入~と アジャスター!シフターのセッティングがこれでかなり遣り易くなるッスからねぇ~(^^; 私は苦手なので・・・

DSC072600011.jpg

ブレーキケーブル&シフトケーブル

普通のステンレスインナーケーブルを使用~(^^; とにかく扱い易い物をってそれだけ~・・・苦手なので・・・

ケーブルアジャスター

SHIMANO SM-CA50 樹脂製の物を使用~(^^)

ではブレーキワイヤーを取り付け~

アウターケーブルを左右それぞれ合わせて切断~切断面を処理してインナーケーブルを通すだけッス(^^)

ですが・・・このTACURINO ワイヤーがフレームの中を通すインナータイプ!チャンと通るかが凄く不安(^^;

だったんッスけど~案ずるより何とか~ケーブルをスルスルと通して行くと~普通にそのまま穴から出て来たぁ~(≧▽≦)超~簡単~♪

DSC072620013.jpg

後ろ側もアウターを切ってそこにケーブルを通したら終了~(^^)

そんじゃ クリアランスを取ってワイヤーを張りましょう(^^) この時タイヤの付いて無いホイールを使ったら遣り易いッス!

Front側~

DSC072610012.jpg

Rear側~

DSC072640015.jpg

写真の向きを合わせたら良かった~しかも逆さだし・・・まぁ~雰囲気が伝われば良いッス(^^;

固定ボルトでワイヤーを固定したら余分なケーブルを切断して~アウターキャップを取り付けて完了~(^^)

DSC072770001.jpg
DSC072650016.jpg

次はシフトケーブル類を取り付けて行きます(^^)

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | レストア | コメント:0 |
TACURINO COZMA  組み立て #2 シートポスト×シート取り付け
2017-11-14 Tue 17:31
TACURINO COZMA  組み立て作業のつづきです(^^)

前回 フロント回りの組み立てを行いましたぁ~(^^)

ハンドル×ステム取り付けの記事はこちら

では今日は ポストとシートを取り付けて行くッスねぇ!(^^)

ポストはやはりカーボンの方がアルミの物よか乗っててチョッピリ”楽な気”がするので~カーボン製のシートポストを探しましたぁ~(^^)ステムと違ってこれはカーボンの物の方が軽いですしねぇ~

因みに真っ黒クロスケには以前オークションで購入したカーボン製のポストを取り付けて有ります(^^)

DSC080230002.jpg

ですが~ポストもピンキリで~私が購入出来る物だとアルミもカーボンもそう重さは変わらないんッスよねぇ~(^^;

で~取り敢えずオークションサイトで軽いシートポストを物色&入札~を繰り返して~ようやくゲット~(^^;

CANNONDALE製のポストを落札しましたぁ~(^^)

DSC072480031.jpg

メーカー: CANNONDALE (キャノンデール)
商品名: FIRE CARBON (ファイア カーボン)
直径: 31.6mm
重量: 217g(実測)
長さ: 250mm

31.6mmだとチト重たく成っちゃいますよねぇ~(^^;
それでも217gならまあまあかな?と

未使用品のカーボンポストを 送料込み3290円で購入出来たのは良かったッス(^^)

中華製の物で4~5千円で220gって言う所ッスからねぇ~ マズマズの買い物だったんじゃ無いかと(^^)
手持ちのポストを50mmカットしても220gには遠く及ばなかったッスから~(^^;

これに軽量シート 以前オークションで入手したタイオガの スパイダーツインテール を装着したいと思います(^^)

DSC067210004.jpg

重さ 143gは手持ちのシートで一番軽いッスから~♪ 他のシートは乗り心地重視で重さは度外視ッス(^^;

ポストへグリスを塗って 差し込んだら シートの前後位置をステムから72mmにセットし水平器で計測して取り付け~最後にBB穴中心から660mmに高さを合わせて締め付けたら完了~(≧▽≦) 私の自転車って最初はこのポジションでスタート!後はチョコチョコと微調整して行きます(^^)

DSC072740001.jpg

グッと自転車っぽく成ったッスねぇ~(^^)

DSC072490032.jpg

さぁ~次は何しよう~??(^^)

ポチットしてくれたら嬉しいです


にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | レストア | コメント:0 |
TACURINO COZMA  組み立て開始~ #1 FRONT回りを取り付け
2017-11-13 Mon 19:40
前回 フレームの補修を終えて 更には各部パーツをクリーニング&グリスアップをしたのでいよいよ組み立て作業に入ります。

フレーム補修の記事はこちら

パーツクリーニング作業の記事は ブレーキはこちらへ ディレーラーはこちら

まずはフロント回りのパーツを取り付けて行きましょう(^^)

まずはステムッス(^^)

今回はとにかく 重さ!なるべく軽量な物を探したッス!とは言え~潤沢な資金を使える訳では無いので~なるべく安くて軽い物をって所がパーツ選びを難しくしてるって言うねぇ~(^^;

で~パッと思い浮かぶのは~カーボン製の物ッス!なんですがぁ~ステム位の物になると カーボンもアルミもそう変わらないんッスよねぇ~ あっ!これ数千円で購入出来る物の事ッスよぉ~(^^;

だったら扱いが面倒なカーボン製の物よかアルミ製の物が良いんじゃ無いかと・・・(^^;

で~台湾製のステムを見つけて 送料込みで3500円で購入~ まぁ~そう安くは無いッスけど普通かな?と・・・

がコレッス(^^)

DSC072420025.jpg
DSC072430026.jpg
DSC072440027.jpg

UNO
特徴:70mmタイプで94g
材質: 7050 aluminum 3D FORGE(鍛造)
突出し:70mm

ライズ角度: ±7 °
クランプ径: 31.8mm.
コラム径: 28.6mm.
重量:約94g(実測)

本当は80mmが欲しい所だったんッスけど~(^^; 無くて妥協して70mmを購入~
そう言えばDESEOに取り付けたしげさんに譲って頂いたステムもこのUNOだった様な~(^^)

DSC057150072.jpg

と~ハンドルッスねぇ~

これまたものすご~~くカーボン製のハンドルと悩んだんッスけど~(^^; 4000円程で200g位のハンドル購入出来ますからねぇ~(中華ですが・・・)ですがぁ~私は良く自転車をひっくり返してしまいます・・・(ーー;) それで中華カーボンとか非常に心配になり アルミで軽い物を探して~オークションでオーバルって言うメーカーのハンドルをゲット~!

2000円の値を付けたんッスけど~何と!210円で落札~(◎_◎;) 送料が700円で910+税金で購入出来ましたぁ~(^^;こんな事も有るんッスねぇ~

がこちら~(^^)

DSC072450028.jpg
DSC072460029.jpg

・メーカー: Oval Concepts(オーバルコンセプト)
・グレード: R701
・クランプ径: 31.8mm
・ハンドル幅: 400mm (芯-芯)
・ドロップ144mm
・重量: 220g(実測)

未使用品でこの軽さのハンドルを1000円以下で購入出来たのはラッキーッスねぇ~(^^)

で~前回ヘッドキャップが無くて組み立てられなかったフロント回りッスけど~ Amazonで300円程でアルミ製のキャップを購入して取り付けましたぁ~(^^)

コラムスペーサーは前回DESEOの時に購入したICANの 残りを使って取り付けしたッス(^^)

DSC072470030.jpg

次はシートポストとシートを取り付けるッス(^^)

ポチットしてくれたら嬉しいです

にほんブログ村

にほんブログ村
別窓 | レストア | コメント:2 |
| ロードレーサーで週末サイクリング | NEXT