日本100名山 一座 乗鞍岳 登山 #1 エコーラインをハイキング
2017-08-29 Tue 00:00
さかのぼる事 乗鞍ヒルクライムレースの 数日前に成るッス(^^)

ていじんさんから 一通のメールが届きましたぁ~(^^)

内容は 8月26日(土)は今年も登山されますか?それともエントリーのみでゆっくりされますか?って(^^)

返信: 折角だしエントリーだけでは勿体無い!って事で登山行きましょう~ けど登山道ではダメージ残りそう~・・・

返信: 了解しました 勿論舗装路を行きましょう~!なら松本7:00に待ち合わせ~ ダメ元で皆も誘って見ます

って・・・皆って・・・レース前日に登山とか・・・普通はしないッショ(^^;

返信: 桜餅さんも行きたいとの事!更に 頂上を目指したいって言ってます!

・・・頂上~・・・剣ヶ峰!(◎_◎;) レース前に3000m越えってマジか!流石にそれはチョット・・・所で桜餅さんってさぁ~・・・マジか!茨城の鉄人と超人の二人と登山ってさぁ~・・・(*´Д`)

ってな訳で その前々日に松本入り~奇しくも その道中の電車で 100名山をされてる方にお会いして 乗鞍を登るんですぅ~ってお話しした所~ 剣ヶ峰まで行くんでしょう~♪って・・・こりゃ行かなきゃ当日大雨とか・・・辞めてよぉ~

DSC063120001.jpg

2017年8月26日(土) 天候 雨のち晴れ 気温 低11℃(山頂) 高23℃(乗鞍高原) 風速 南西6m(山頂)

ルート説明から(^^)

三本滝 バス停より県道84号線(エコーライン)を山頂 県境バス停まで歩きます。≒4時間



県境ゲートバス停より登山道へ 富士見岳(2817m)へは行かず 富士見岳分岐へと向かい肩ノ小屋を経て乗鞍頂上(3025m)これを富士見岳分岐まで下山し畳平まで歩きます。≒2時間(3時間15分のコース)

乗鞍登山

エコーライン+登山道の 獲得標高1194m ≒6時間の登山です。

朝 5:00雨音で目を覚まし・・・あれ~雨ッスかぁ~(*´Д`) どうも乗鞍って雨が多いなぁ~・・・と💤

で~6:30分!ていじんさんからメールを入電!7:00には到着出来るとの事~(^^)

身支度を整えて 準備は寝る前に既に終えて有るので後はていじんさんを待つのみ~

雨ッスかぁ~ヤレヤレ・・・って外を見るとぉ~・・・(≧▽≦) 止んでるしぃ~♪ラッキー

で ていじんさんが いらっしゃってピックアップ 何時もすいませんm(__)m

そんじゃ乗鞍へ向けて レッツゴー! 道中 桜餅さんがお仕事で来られ無い旨をお聞きして~残念ッスねぇ~(T_T)

ストラバで何時も拝見してるのでどんな方かと・・・お会い出来るのを楽しみにしてたんッスけどねぇ~・・・って思ったらこの日の宿で御一緒との事でしたぁ~♪ ご本人にお会い出来る!楽しみ~(^^)

てな事で何度も通った道を通り 乗鞍高原へと向かって行くとぉ~ 雲が切れて来るって言う~ねぇ~乗鞍も見えましたぁ~(´▽`*)

DSC063490001.jpg

宿の場所を確認し スタート地点の三本滝へと向かいます(^^) その間ドンドン天候が良く成って行くって言うねぇ~(≧▽≦)

DSC063500002.jpg

でもって到着と同時に晴れ間がぁ~(^^) そうそう!私的にはこれが何時もの感じ~♪ やっぱTREKさんって・・・(;一_一)

DSC063510003.jpg

そそくさと準備をして居ると~タクシーの運ちゃんの営業に合います・・・ 歩きで行く旨をお伝えし 退散させて~ 更にてんじんさんはトレッキングシューズを履き 完璧装備!・・・私は 輪行ッスからねぇ~ブーツまでは持って来れず・・・取り敢えずランニングシューズを持参して来ましたぁ~(^^; 舗装路ならこっちのが逆に良いッショ!

ってな事をして居ると~又例のタクシーのおっちゃんの営業~(^^; さっきも聴いたッショ~・・・ていじんさんが一応お値段をお聞きして~上まで5000円ちょっとだったかな~だそうです まぁ~4人以上ならバスと同額!人数が揃ってたら有りかもッスねぇ~

では!一般車両禁止区域のゲートを潜って登山開始~8:22出発ッス~(^^)

DSC063520004.jpg

雨上がりの為路面はビシャビシャ~(^^; ていじんさんの車の外気温計は14℃!いやぁ~涼しい通り越して少し肌寒いって言うねぇ~(^^; (これ書いてる今の何て蒸し暑い事かぁ~・・・)

やっぱアチコチ増水してるッスねぇ~(^^; 今日で良かった~そう言えば昨年はもっと凄い事に成ってたかんねぇ~この分なら大丈夫ッショ(^^)

DSC063530005.jpg

と、ここで 私は有る事に気が付き~「アチャ~~サイコン電源入れるの忘れてたぁ~(◎_◎;)」 って言うと~ ていじんさん 「車にサイコン忘れて来たぁ~(*´Д`) あの時あのおっちゃんが話し掛けるからさぁ~」って(´艸`*) スタート違っちゃったッスけど~持って来た分私のがマシッスねぇ~ 剣ヶ峰までのログは 私が頂きます!この後も物凄く残念がってたかんねぇ~(^^)

林を抜けてスキーのリフトが見えるこの場所~この開けた風景と一筋の道が私は結構好きッスねぇ~(´▽`*) 明日この場所に来た時チョットでも余裕が有ったら良いッスねぇ~

DSC063540006.jpg

そして最初に見えるこの景色~スキー場~(^^) 雨上がりはそれはそれで良い感じ~チッコイ雲がアチコチに山に引っ掛かってるとか・・・千葉の山ではマズ見れない光景~(^^;

DSC063550007.jpg

更に歩きを進めて行くと~おお~~お日様出たぁ~(≧▽≦) テンション上がるッスねぇ~

DSC063590011.jpg

三本滝の次のバス停~摩利支天バス停~ 運転手のおっちゃんが ここから登山道へ入ったら良いって教えて下さいましたぁ~♪

DSC063600012.jpg

三本滝からここまで緩急の有る坂が続いて~この辺りから冷泉小屋までが結構急坂が有ってキツイんッス(^^)前半 割と緩斜面でタイムを稼いで後半粘るか~前半落としてここから行くかぁ~(^^;

そして朝早くからその準備が進められて行きます!ありがとうございますm(__)m しっかり楽しみますねぇ~!

DSC063610013.jpg

ていじんさん 今回ハイドロレーションを お試しで背負っての登頂~(^^) 道志みちの時にISAMさん所有のこのバックに助けられたッスねぇ~ 来年私も購入するかな??凍らせて背負ったら気持ちい~って(^^)

DSC063620014.jpg

と ここで 後ろから自転車が私達を抜いて行きます(^^) おお~中々~あの女性結構速い~とその跡を更に二人が追走~(^^)

DSC063630015.jpg
DSC063640016.jpg

前の女性二人には余裕が~後ろの男性頑張れ~(^^)/ ですが 更に真ん中の女性は速度を上げて行って前の女性をブッチギッて消えて行くって・・・バカッ速~(◎_◎;)

冷泉小屋手前の橋で補給タイム~(^^) 昨日ゲットした 賞味期限を5時間越えたおにぎりを食べます(^^;

DSC063650017.jpg

この間又一台 自転車が通過~・・・っとに皆さん速い・・・ここまでだと例の女性が一番ッスかねぇ~(^^)

この橋の前後に九十九折が有ってその箇所が又結構キツイんッスよねぇ~(^^; 私は明日死んで無いかとても心配ッス~

歩いてもシンドイ冷泉小屋手前の九十九折・・・ふぅ~ヤレヤレ(^^;

DSC063660018.jpg

でもって冷泉小屋に到着~・・・6月のRideではこの区間を飛ばして 死にましたぁ~(*´Д`) みのさん 速かったなぁ~・・・TREKさんは座り込んで補給してたっけ あの時 kachiさんにも付いて行くのがやっとだった~って 帰宅後速攻 3本ローラーを買ったって言うねぇ~ まぁ~その位の負けず嫌いで無いとねぇ~(^^)

DSC063670019.jpg

ていじんさんはと言うと~冷泉の滝?を撮影中~(^^) 雨の為ッスかねぇ~今回はあんま硫黄の臭いがしなかったッスねぇ~

DSC063690021.jpg

ふと 頭上を見れば~ 雲が切れて来て晴れ間が広がってるッスねぇ~♪

冷静小屋を越えると~箱根の七曲りじゃ無いッスけど急斜面の九十九折が6回続くッス!・・・冷泉小屋までの2回の九十九折で削られた足にはかなりキツイ・・・写真で撮ってもこんなッスもんねぇ~(^^;

DSC063720024.jpg

ていじんさんも 「冷泉までと位ヶ原まで!やっぱここだなぁ~」って(^^)更にこの辺りで2000mを越えて少し息苦しさを感じて来るって言うねぇ~(^^; 何て言っても私 海抜数メートルって言う平地よりも低い地域の住人・・・少し速度を緩めて歩いて体を慣らさないとぉ~(^^;結構登って来たッスねぇ~

DSC063730025.jpg
DSC063750027.jpg

で位ヶ原山荘が見えて来たッス! 歩きでも自転車でも何かホッとするッスねぇ~(^^) 明日はここを乗り切れるッスかねぇ~ってか辿り着けるんか~??

DSC063760028.jpg

ボランティアの方がこうして 前日にコースを竹ぼうきでお掃除して下さってるんッス 本当にお疲れ様です ありがとうございますm(__)m

DSC063770029.jpg

山荘でお水を購入し 再スタート! そして残り5kの看板・・・去年は私ここで行きたかったんッスけど・・・逆に失速しちゃったんッス~もうやっと漕いでた様な状態だった・・・(*´Д`)

DSC063780030.jpg

で 橋を渡ると長い直線が・・・これが又キツイんッスよねぇ~・・・この辺だったけか お一人自転車が スイーって走り抜けて行ったんッスけど・・・余りにもスムーズにそしてその辺のCRを走る様に抜けて行った人を見て 思わず 何だアレ?速え~~って言っちゃったぁ~ ていじんさん も「アレは速い!しかも笑顔で登って行った!」って・・・本番あんな方がいらしたら邪魔だけはしなで上げたい物ッスねぇ~(^^;

DSC063830035.jpg

ふぅ~ヤレヤレ・・・っとに息苦しい~(^^;ていじんさんも 「やっぱりそう?」って(^^; って時はコレッス 下を見る~♪ 少しづつ高度を上げてる結構登って来たッスねぇ~しかし何て眺めの良い~♪  アレが位ヶ原山荘下の6曲がりの九十九折~こうして見ると緩急 斜面が良く解るッスねぇ~

DSC063820034.jpg

この上へと登る道を上がって行くとぉ~風景が一変~そろそろ天空へと入って行くッス~正面には雪渓~♪(´▽`*) 明日コレを見て奮起する余裕が有るッスかねぇ~!

DSC063850037.jpg

実はそう大した斜度じゃ無いッスけど・・・息苦しいし 足は残ってないはで前に進まないんッスよねぇ~(^^;

DSC063860038.jpg

けどその先でコレッスから~テンション上がって又行けちゃうって言うねぇ~(^^;
後はこんな景色の中ッスからねぇ~暫し疲れを忘れて走れるから不思議ッス~

DSC063880040.jpg
DSC063900042.jpg
DSC063910043.jpg

因みに正面に見えるあの峰が 剣ヶ峰 3000m乗鞍岳の頂ッス!・・・てかさぁ~バスがあんなチッコく~果てしねぇ~・・・って明日は思わなければ良いのだけど・・・(^^;

DSC063890041.jpg

けどもうここは既に・・・正に天空~♪振り返ればコレッスからねぇ~♪・・・ってかここもこうして見ると結構な斜度なんッスねぇ~・・・何時も回りをキョロキョロしてて気が付きませんでしたが・・・(^^;

DSC063920044.jpg

6月にあんなに有った雪も今ではこんなにチッコく・・・ってガスってて何にも見えませんでしたが・・・乗鞍って言ったらこの景色~♪・・・にしてち~~っとも近づかねぇ~なあの峰・・・(>_<)

DSC063950047.jpg
DSC063960048.jpg

位ヶ原山荘があんなにチッコク~そして 出発点のスキー場は更にあんな下に~(≧▽≦) 俺たち頑張った~!もう十分だぁ~!

DSC064000052.jpg

そしてラスト300位かな?・・・私は明日ここから全力で走ろうと思ってるッス!けど・・・その前にこまで来られるかってねぇ~・・・全力が速度5k位だったら笑えるなぁ~(T_T)

DSC064010053.jpg

本番もこうして下山される方がいらっしゃるんだろうなぁ~(^^;

DSC064020054.jpg

残り100~うおおお~~~(>_<)って続けられたら褒めてあげて欲しいッスねぇ~ まぁ~ ああ~ダメだぁ~とか言ってテレンコテレンコ今の様なペースで中々ゴールが近づかねぇ~!とか言ってるんだろうなぁ~去年見たく・・・(;一_一)

DSC064050057.jpg

おっ!又二人上がって来たッスねぇ~(^^) にしてもまるでツールの様ッスねぇ~♪

DSC064070059.jpg

そしてゴール♪ やった~登頂~!取り敢えず2716m登頂~♪ ていじんさんお疲れ~(^^) 登山なので一応ゴールはバス停~標高が書いて有るッスからねぇ~(^^; 因みに後ろに見える山は 富士見岳~見えてる山は 実家近くの山とそう変わらない高さッスけど~この場所が既に天空~なので裏山とは趣が全然違うッスねぇ~

DSC0640800601.jpg

さて!桜もっち~さんが いらっしゃらないこの状況~ 剣ヶ峰まで行く事無くねぇ~メッチャ高いし・・・ 何と言っても 私達は既に大満足~(≧▽≦)

DSC063960048.jpg

・・・とは言え~ここで辞めたら何て言うか・・・う~ん・・・一度剣ヶ峰まで行くって設定までしたッスからねぇ~・・・私に至っては登山ルートまで調べて・・・時間もまだお昼ッスからねぇ~

ていじんさんも 「もうここでかなり満足してるけど まぁ~じゃ~13:00まで登って戻りましょうか?バスの時間も有りますから~」

確かに(^^; ていじんさん「剣ヶ峰まで行ってエントリー間に合わなかったじゃ本末転倒でしょう!」って(^^; それでも二人共ここで帰りましょうとは言わないって言うねぇ~・・・けどここからは 本格的な登山道~(私の後ろの道) 行くのは良いッスけどダメージ残りそうじゃねぇ~(^^;

DSC0640800601.jpg

って事で本日はここまで 続きは次回(^^)

今回は 本番コースをご紹介的な感じで三本滝からエコーラインを通しでご紹介しましたぁ~ とっても長い文章最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

次回からは 何時もの調子でお伝えします!懲りずに又読んで上げて下さい。

ポチットしてくれたら嬉しいです

にほんブログ村

にほんブログ村


スポンサーサイト
別窓 | 登山 | コメント:8 |
<<日本100名山 一座 乗鞍岳 登山 #2 乗鞍山頂 剣ヶ峰 登頂 | ロードレーサーで週末サイクリング | マウンテンサイクリング IN 乗鞍 松本へ前々日入り~波田の町をポタリング~(^^)>>
この記事のコメント
[]
こんにちは。

大会前に登山とは、タフネス、体調万全ですね。

登るにつれ写真の青空がきれいですね。
しかも雪⁇

これぞ超級山岳スネ^ ^
2017-08-29 Tue 03:09 | URL | じょんNA8 #- [内容変更]
[ガーミン忘れ]
おはようございます、ていじんです

これをみてガーミンを持たなかったことを改めて悔いてます・・・
ああ、3000m登山のログが欲しかった!

でも楽しかったですね♪
来年はみんなでやりましょう
2017-08-29 Tue 05:59 | URL | ていじん #kPpIYUDo [内容変更]
[]
まずは完走おめでとうございます。
それにしても前日に登山とな、凄すぎる。
私だったら翌日は足がつってると思います(^ ^:

Kachi//
2017-08-29 Tue 06:35 | URL | Kachi #Qm9A/w02 [内容変更]
[Re: タイトルなし]
じょんNA8さん いらっしゃいませ
何時もコメントありがとうございます

本当~バカですよねぇ~(^^)
昨年は半ばやけくそだったんッスけど
今年は本気で登頂を果たしましたぁ~

そうそう!超級山岳♪
2017-08-29 Tue 19:08 | URL | 14144 #- [内容変更]
[Re: ガーミン忘れ]
ていじんさん いらっしゃいませ
何時もコメントありがとうございます

ていじんさん にしては珍しいミスでしたねぇ~(^^)
私は前日にポッケに忍ばして置いたんッス!チョコッとデーターがショートしましたけど 難を逃れたって感じですね!

本当 あの充実感と達成感は 最高です!良い思い出にも成りました(^^)

絶対皆さん登ったら良いと思うんですが・・・レースとかちっぽけな事に感じますよねぇ~
2017-08-29 Tue 19:12 | URL | 14144 #- [内容変更]
[Re: タイトルなし]
Kachi さん いらっしゃいませ
何時もコメントありがとうございます

したら レースとは別の日に登りましょう!
下から登山道で~(^^)

もう色々な事がど~でも良く成りますよぉ~♪
2017-08-29 Tue 19:14 | URL | 14144 #- [内容変更]
[]
14144さん,お邪魔します。

この度は,能力全開発揮,ありがとうございました。14144さんのおかげです。

来年は,もしかしたら軽量フレームになっていたりするのかしら?

楽しみにしています。
また,筑波山系で楽しみましょう!
2017-08-29 Tue 21:19 | URL | ドラゴンローディ #- [内容変更]
[Re: タイトルなし]
ドラゴンローディーさん いらっしゃいませ
何時もコメントありがとうございます。

いえいえ今回のお天気は関係する全ての皆さんの力だと思います。

今まで行ったどの乗鞍よりも素晴らしく思い出に残る物に成りました。

軽量フレーム…検討中って事で~(^_^;)

ハイ!又、ご一緒しましょう♪

この度は本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
2017-08-30 Wed 21:37 | URL | 14144 #- [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| ロードレーサーで週末サイクリング |